トップページ | 2009年10月 »

2009年8月

完全無料競馬予想&競馬ゲーム ★ケイバリット★

【完全無料競馬予想&競馬ゲーム】

ケイバリット

Gamebanner_234_60_3 

     

↓↓↓↓↓


http://www.keivarite.com/

無料登録でポイントゲット&万馬券獲得!

さらに楽しいゲームを楽しみながら、ポイント倍増も!!

ゲームを楽しみながら、
万馬券情報も手に入ってしまうんです☆

その肝心な馬券情報はなんと、

あの有名な

「元調教師の中尾正の買い目情報!!!」

もちろん、競馬初心者でも安心♪♪

【↓買い目情報公開中↓】

http://www.keivarite.com/

サクッと

『ちょこっとケイバ』ゲームで

「リット(ケイバリット内でのポイントの言い方)」を

がっつり稼がせてもらってます★

ゲームも単純明快!

その貯まったポイント(リット)で馬券情報をゲットして

がっつりお小遣い稼ぎ♪

そして今なら、

簡単!無料登録すると、

なんと1000リットプレゼント中!!!

【今すぐアクセス】
↓↓

http://www.keivarite.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競馬予想 無料 富士ステークス レースデータ分析

競馬予想 無料 富士ステークス レースデータ分析

【夏場に好走した馬に注目!!!!】

前項からも、

順調に出走を重ねてきた馬が

有利な傾向があるこのレース。

さらに詳しく見てみると、

その年の7月か8月にオープンクラスで3着以内に入った実績のある馬が、

毎年連対を果たしていた。

10月下旬に行われるレースではあるが、

夏の勢いを持続させているような馬がいたら、

ぜひ注目したいところだ

その年の7・8月にオープンクラスで

3着以内に入っていた富士S連対馬一覧(過去8年)

年度 着順 馬名 該当レース
00年 1着 ダイワカーリアン 前走 札幌記念 1着
01年 1着 クリスザブレイヴ 2走前 関屋記念 2着
02年 2着 ミデオンビット 2走前 関屋記念 2着
03年 1着 ミレニアムバイオ 2走前 北九州記念 1着
04年 2着 モノポール 3走前 巴賞 2着
05年 1着 ウインラディウス 3走前 NSTオープン 1着
06年 2着 エアシェイディ 2走前 函館記念 2着
07年 2着 マイケルバローズ 2走前 関屋記念 3着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競馬予想 無料 富士ステークス レースデータ分析!!!

競馬予想 無料 富士ステークス レースデータ分析!!!

【順調に出走してきた馬が優勢!!!】

前走との間隔別成績を見ると、

3着以内馬24頭のうち18頭が

中8週以内の間隔での臨戦だった。

マイルチャンピオンシップのステップレースとして、

このレースで秋緒戦を迎える馬も多いが、

中9週以上の休み明けだった馬は、

延べ54頭が出走して、

連対したのはダイタクリーヴァ(2001年)と

サイドワインダー(2003年)の2頭のみ。

ちなみに、

その2頭は、ともにその年の京都金杯の勝ち馬だった

前走との間隔別成績(過去8年)

前走との間隔 成績 勝率 連対率 3着内率
連闘・中1週 0-0-1-5 0% 0% 16.7%
中2週 3-1-1-19 12.5% 16.7% 20.8%
中3、4週 0-2-1-10 0% 15.4% 23.1%
中5~8週 5-3-1-23 15.6% 25.0% 28.1%
中9週以上 0-2-4-48 0% 3.7% 11.1%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競馬予想 無料 富士ステークス レースデータ分析情報!!

競馬予想 無料 富士ステークス レースデータ分析情報!!

万馬券に近づこう!!

【前走5着以内の馬が圧勝!!】

前走の着順別成績を見ると、

富士Sで連対した16頭は、

すべて前走が5着以内だった。

前走が6着以下だった馬は、

延べ64頭が出走して3着に4頭が入っただけで、

前走のクラスにかかわらず苦戦している。

また率の上では、

前走1、2着馬〔3・5・2・30〕

(勝率7.5%、連対率20.0%、3着内率25.0%)

よりも、

前走3~5着馬〔5・3・2・15〕

(勝率20.0%、連対率32.0%、3着内率40.0%)

の方が好成績を残している点が興味深い

前走の着順別成績(過去8年)

前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 1-3-1-14 5.3% 21.1% 26.3%
2着 2-2-1-16 9.5% 19.0% 23.8%
3着 3-1-0-5 33.3% 44.4% 44.4%
4、5着 2-2-2-10 12.5% 25.0% 37.5%
6着以下 0-0-4-60 0% 0% 6.3%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競馬予想 無料 富士ステークス レースデータ分析

競馬予想 無料 富士ステークス レースデータ分析

【7歳馬の快走に注目!!!】

年齢別成績を見ると、

4勝を挙げている7歳馬の活躍ぶりが目を引く。

ちなみに、

その4頭には、

“前走が重賞で、

そのレースで3着以内に入っていた”

という共通点があった。

一方で、

不振の目立つのが6歳馬。

29頭が出走して唯一連対したのは、

昨年2着のマイケルバローズ(単勝7番人気)だけだ。

年齢別成績(過去8年)

年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 1-0-4-20 4.0% 4.0% 20.0%
4歳 1-2-1-14 5.6% 16.7% 22.2%
5歳 2-5-1-25 6.1% 21.2% 24.2%
6歳 0-1-2-26 0% 3.4% 10.3%
7歳 4-0-0-17 19.0% 19.0% 19.0%
8歳 0-0-0-3 0% 0% 0%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競馬予想 無料 富士Sからのマイルチャンピオンシップ優勝馬

競馬予想 無料 富士Sからのマイルチャンピオンシップ優勝馬

2000年からマイルチャンピオンシップの前哨戦として

施行されているが

1頭が同年のマイルチャンピオンシップを制覇している。

回数施行日馬名性齢着順
第5回 2002年10月19日 トウカイポイント 騸6 5着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競馬予想 無料   富士S 重賞格付け以後

競馬予想 無料   富士S 重賞格付け以後

回数施行日優勝馬性齢勝時計優勝騎手管理調教師馬主
第1回 1998年11月28日 日本エアジハード 牡3 1:23.0 橋本広喜 伊藤正徳 (株)ラッキーフィールド
第2回 1999年11月27日 日本レッドチリペッパー 牝3 1:21.4 横山典弘 松田博資 吉田和子
第3回 2000年10月21日 日本ダイワカーリアン 牡7 1:33.9 田面木博公 二ノ宮敬宇 大和商事(株)
第4回 2001年10月20日 日本クリスザブレイヴ 牡7 1:33.2 吉田豊 秋山雅一 (有)社台レースホース
第5回 2002年10月19日 日本メイショウラムセス 牡4 1:32.3 柴田善臣 伊藤雄二 松本好雄
第6回 2003年10月25日 日本ミレニアムバイオ 牡5 1:32.0 武豊 領家政蔵 バイオ(株)
第7回 2004年10月23日 日本アドマイヤマックス 牡5 1:33.2 武豊 橋田満 近藤利一
第8回 2005年10月22日 日本ウインラディウス 牡7 1:32.9 田中勝春 藤沢和雄 (株)ウイン
第9回 2006年10月21日 日本キネティクス 牡7 1:32.8 勝浦正樹 新川恵 (有)ノースヒルズマネジメント
第10回 2007年10月20日 日本マイネルシーガル 牡3 1:33.3 後藤浩輝 国枝栄 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
第11回 2008年10月25日 日本サイレントプライド 牡5 1:32.7 横山典弘 国枝栄 (有)社台レースホース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競馬予想 無料 富士S サウジアラビアロイヤルカップの優勝馬

競馬予想 無料 富士S サウジアラビアロイヤルカップの優勝馬

施行日優勝馬性齢勝時計優勝騎手管理調教師馬主
2003年5月11日 スターキングマン 牡4 1:36.6 村田一誠 森秀行 (有)ゴールドレーシング
2004年5月9日 エイシンパンプトン 牡4 1:35.7 武豊 藤原英昭 平井豊光
2005年5月8日 メイショウサライ 牡4 1:35.9 秋山真一郎 増本豊 松本好雄
2006年5月7日 ワイルドワンダー 牡4 1:35.7 後藤浩輝 久保田貴士 草間庸文

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競馬予想 無料 富士ステークス 歴代優勝馬

競馬予想 無料 富士ステークス 歴代優勝馬

富士ステークスのオープン特別

施行日優勝馬・調教国性齢勝時計優勝騎手管理調教師馬主
1981年11月8日 日本タクラマカン 牡3 1:48.7 大崎昭一 松山康久 吉田善哉
1982年11月13日 カナダフロストキング 4 1:48.8 L.マフィー B.マーコ セオドア・スミス
1983年11月12日 日本エイティトウショウ 牝5 1:51.2 中島啓之 奥平真治 トウショウ産業(株)
1984年11月11日 日本アローボヘミアン 牡5 1:49.8 安田富男 梶与四松 伊達秀和
1985年11月10日 日本トウショウサミット 牡5 1:48.6 柏崎正次 奥平真治 トウショウ産業(株)
1986年11月9日 ニュージーランドウェイバリースター 騸4 1:47.5 L.オサリバン D.オサリバン ウェイバリーパークスタッド
1987年11月15日 フランストリプティク 牝5 1:46.9 A.クルーズ P.ビアンコーヌ アラン・クロア
1988年11月13日 アメリカ合衆国セーラムドライブ 牡6 1:46.9 C.アントレー R.ランディ ヴァージニア・クラフト・ペイスン・LLC
1989年11月12日 日本オラクルアスカ 牡4 1:47.8 岡部幸雄 田村駿仁 (有)貞文
1990年11月11日 日本モガミチャンピオン 牡5 1:47.9 小島太 境勝太郎 (株)最上ホースクラブ
1991年11月10日 日本スタビライザー 牡3 1:47.4 柴田善臣 高橋英夫 (有)ホースマン
1992年11月15日 日本シンコウラブリイ 牝3 1:47.6 岡部幸雄 藤沢和雄 安田修
1993年11月14日 日本マチカネタンホイザ 牡4 1:48.2 田中勝春 伊藤雄二 細川益男
1994年11月13日 日本サクラチトセオー 牡4 1:46.9 小島太 境勝太郎 (株)さくらコマース
1995年11月12日 日本フジヤマケンザン 牡7 1:47.5 蛯名正義 森秀行 藤本龍也
1996年11月10日 日本シンコウキング 牡5 1:48.5 岡部幸雄 藤沢和雄 安田修
1997年11月22日 日本ビコーアルファー 牡7 1:22.8 M.ロバーツ 鹿戸幸治 (有)レジェンド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競馬予想 無料 富士ステークス  重賞格付け後の歴史

競馬予想 無料 富士ステークス  重賞格付け後の歴史

  • 1998年 - 4歳(現3歳)以上の競走馬による別定の国際・指定交流の重賞(GIII)競走として「第1回富士ステークス」として昇格、東京競馬場・芝1400mで施行。
  • 2000年 - 施行距離を芝1600mに変更。
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走資格が「4歳以上」から「3歳以上」に変更。
  • 2002年
    • 国際セリ名簿基準委員会により国際GIIIに格付け、それに伴い外国馬出走枠を4頭から8頭に拡大。
    • 東京競馬場の改修工事による振替開催により、中山競馬場・芝1600mで施行。
  • 2003年 - 外国馬出走枠を9頭に拡大。
  • 2004年 - 武豊が騎手として史上初の連覇。
  • 2007年 - サウジアラビアのリヤド馬事クラブより寄贈杯を受けて、「サウジアラビアロイヤルカップ富士ステークス」に名称変更。
  • 2008年 - 国枝栄が調教師として史上初の連覇。
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    競馬予想 無料 富士S サウジアラビアロイヤルカップの歴史

    競馬予想 無料 富士S サウジアラビアロイヤルカップの歴史

  • 1999年 - サウジアラビアアブドゥッラー・ビン・アブドゥルアズィーズ皇太子から寄贈杯を受け、
  • 東京ハイジャンプ

    日本・サウジアラビア修好40周年記念東京ハイジャンプ(サウジアラビアロイヤルカップ)」として施行。

  • 2000年 - オアシステークスを「サウジアラビアロイヤルカップ2000オアシスステークス」として施行。
  • 2001年 - オアシステークスを「サウジアラビアロイヤルカップオアシスステークス」として施行。
  • 2003年 - 4歳(現3歳)以上の競走馬による別定の混合のオープン特別競走として「サウジアラビアロイヤルカップ」が、東京競馬場・ダート1600mで施行。
  • 2004年 - 負担重量をハンデキャップに変更。
  • 2007年 - 富士ステークスに統合。
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    競馬予想 無料 富士ステークス 歴史

    競馬予想 無料 富士ステークス 歴史

  • 1981年 - 4歳(現3歳)以上の競走馬による
  • 定量の混合のオープン特別競走として

    「オープン競走(国際招待)」が、東京競馬場・芝1800mで施行。

  • 1984年
    • 負担重量を別定に変更。
    • 名称を「富士ステークス(国際招待)」に変更。
  • 1985年
    • 負担重量を定量に戻す。
    • 混合競走から除外。
  • 1986年
    • 混合競走に再び指定。
    • 指定交流競走に指定。
  • 1993年 - 国際競走に指定。
  • 1997年
    • 負担重量を別定に戻す。
    • 施行距離を芝1400mに変更。
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    競馬予想 無料 富士ステークス 出走資格と賞金

    競馬予想 無料 富士ステークス 出走資格と賞金

    出走資格

    サラ系3歳(旧4歳)以上のJRA所属馬(外国産馬含む)、

    外国調教馬(9頭まで)、

    および所定の条件を満たした地方競馬所属馬(3頭まで)。

    負担重量

    別定で、3歳54kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減、

    過去1年牝馬限定戦を除くGI級優勝3kg増、

    過去1年超GI級優勝、

    過去1年牝馬限定GI級

    および牝馬限定戦を除くGII級優勝2kg増、

    過去1年超牝馬限定GI級

    および牝馬限定戦を除くGII級優勝、

    過去1年牝馬限定GII級

    および牝馬限定戦を除く

    GIII級優勝1kg増(2歳時除く)。

    総額賞金

    7730万円。

    1着賞金4100万円で、

    以下2着賞金1600万円、

    3着賞金1000万円、

    4着賞金620万円、

    5着賞金410万円。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    競馬予想 無料 富士ステークス 概要

    競馬予想 無料 富士ステークス 概要

    1981年ジャパンカップ創設に伴い

    同競走に出走する外国招待馬および選出候補の地方競走馬が

    出走できる競走とし

    て「オープン競走」の名称で創設された

    東京競馬場の4歳(現3歳)馬以上による

    定量の国際招待のオープン特別競走の流れを持つ競走。

    条件や施行時期の変遷(次節参照)を経て、

    現在は2003年に創設されたオープン特別競走

    サウジアラビアロイヤルカップ」を統合し、

    名称を

    サウジアラビアロイヤルカップ富士ステークス

    に変え、

    ジャパンカップの前哨戦から

    マイルチャンピオンシップの前哨戦に位置付けされた

    重賞(GIII)競走として行われている。

    1987年にはジャパンカップ出走予定の

    牝馬のトリプティクが圧勝して本番での人気を獲得するなどしていたが、

    1992年以降に招待馬の出走はなく

    ステップ競走としての意味合いは有名無実化し、

    定量戦(当時)だったこともあり同時期に行われる

    アルゼンチン共和国杯福島記念での

    重ハンデを嫌った一流半級の出走がメインとなった。

    1997年よりジャパンカップと同一週の開催となり、

    スプリンターズステークスの前哨戦とともに

    ジャパンカップ出走馬の帯同馬向けの競走となり

    距離も芝1400mに短縮された。

    2000年からは開催時期が1ヶ月ほど繰り上がり、

    距離も芝1600mに変更されて

    マイルチャンピオンシップへの前哨戦として生まれ変わった。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    競馬予想 無料 富士ステークスとは

    競馬予想 無料 富士ステークスとは

    富士ステークス(ふじステークス)は、

    日本中央競馬会(JRA)東京競馬場1600mで施行する

    中央競馬重賞GIII競走である。

    正式名称は

    サウジアラビアロイヤルカップ富士ステークス」、

    サウジアラビアリヤド馬事クラブから優勝杯が寄贈されている。

    競走名は富士山に由来。

    当競走の交換競走として、

    リヤド馬事クラブキングアブドラアジズ競馬場

    JRA'sカップを施行している。

    当項目は統合された

    サウジアラビアロイヤルカップ」も含めて記述する。

    富士ステークス
    開催地東京競馬場
    1着賞金4,100万円
    距離芝・1600m
    出走条件3歳以上オープン(国際)、(指定)
    負担重量

    3歳54kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減、
    過去1年牝馬限定戦を除くGI級優勝3kg増、
    過去1年超GI級優勝、過去1年牝馬限定GI級および牝馬限定戦を除くGII級優勝2kg増、

    過去1年超牝馬限定GI級および牝馬限定戦を除くGII級優勝、過去1年牝馬限定GII級および牝馬限定戦を除くGIII級優勝1kg増(2歳時除く)
    第1回施行日1998年11月28日

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    トップページ | 2009年10月 »